home

自転車

だいたい小学生から高校生くらいまで自転車は交通手段として良くつかわれます。大人になると利用する機会があまり無くなってくるかもしれません(地域や、年齢・性別によって違ってくるとは思います)。

自転車は、非常に使い勝手がよく、日本では特に免許などがなく、誰でも利用できる乗り物です。ちょっとコンビニまでという場合や、サイクリングで遠出する場合にも利用されます。

最近は自転車の性能も良くなり、「自転車が趣味」という人も増えてきています。ただ、性能が高い自転車は価格も比例して高くなります。そんな時は中古自転車を購入すると良いでしょう。価格は安く、比較的高性能なものが売られています。新品の自転車はちょっと・・・という方は中古自転車の購入を検討してみてはいかがですか?

ジモティーならお気に入りの自転車が見つかるかも?

自転車が欲しい理由

自転車が欲しくなるときは、ちょっとそこまで行きたいけど車で行くほどではないし、でも歩いて行くには少し遠い。というときに自転車が欲しくなります。近所にコンビニやスーパーがあるのですが、歩いて行くには少し距離があり、でも車で行くほどでもなく、結局ダイエットのために。といつも歩いて行きます。

しかし帰り買った荷物が多かったりするとほんと重くて、遠くて、自転車があればいいのに。と思います。今は健康思考の人や車の維持費なんかを考えて、自転車の人が増えています。車を運転していると、ほんとうに自転車に乗っている人が多いなと感じます。通勤、通学などに使ったり、子どもの幼稚園、保育園の送り迎えに使ったり、いい運動にもなるし、やはり一台あると便利だと思います。

車と違って、ガソリン台もかからず、パーキング料金も車に比べてかかることもなく、また自転車のほうがいろいろなところに停めやすいと思います。そういうことを考えたときに、すごく自転車が欲しくなります。

自転車で行ってみたいところ

おしゃれな自転車を買って行ってみたい場所は、日本の海岸線をぐるりと一周、といいたいけれど、とてもそんな体力はありません。
そんな私でも無理なくいけそうな海の道といえば、しまなみ海道です。瀬戸内海の七つの島を橋げた代わりにした、広島県と愛媛県を結ぶしまなみ海道はサイクリングコースが完備しています。風光明媚な瀬戸内海のきらめきを見ながら、海の幸に舌つづみを打ち、
点在する美術館でアート三昧な寄り道をしながら2泊3日の、のんびりサイクリングが楽しめそうです。

問題は、広島県尾道市までと愛媛県今治市から帰宅するまでのJR区間をどうやって自転車を運ぶかということです。なにしろ自転車のメンテナンスなんてチンプンカンプン。折りたたみミニサイクルだって手におえないのです。駅で自転車を分解して携帯用の袋に入れるだけでも、1日仕事になりそうです。

憧れの、瀬戸内海自転車横断の夢を果たすのは、まずお師匠さんを見つけて、自転車の組み立て方を一から教えてもらわねばなりません。道は遠そうです。